リウマチになる原因やどんな病気か詳しく解説

リウマチになる原因やどんな病気か詳しく解説

看護師

リウマチはどんな病気?

リウマチとは、人間の体にある免疫が異常状態になり、手足の関節へ影響を与える病気となっています。リウマチは進行していくと、骨や軟骨が壊れてしまい、関節が動かせなくなるという最悪の事態に陥ってしまいます。主に関節へ影響を与えますが、世田谷の患者は肺や目などに炎症が起きたということが確認されています。

医者

リウマチになってしまう原因

先ほども紹介したように、免疫の異常によりリウマチは起こってしまいます。なので、本来ならば免疫によって守られている関節に対して影響が出やすくなってしまいます。では、なぜ免疫が異常を起こしてしまうのでしょうか?細菌やウイルスによる感染やストレス、喫煙や出産などさまざまな原因があるので、いつリウマチになってもおかしくありません。

下肢静脈瘤のタイプ比較

大伏在静脈瘤

下肢静脈瘤の中で最も多いのが大伏在静脈瘤になります。太ももやふくらはぎといった部分にある血管が通常の数倍に膨れ上がってしまいます。血管が普段から圧迫されることにより、弁に負担がかかてしまいます。そうなることで、弁が壊れてしまいこのように血管が膨れ上がってしまいます。

網目状静脈瘤

大伏在静脈瘤は太ももからふくらはぎといった場所にできますが、網目状静脈瘤はひざの裏側などにできます。青くて細い血管が網目状になっていることが確認できたら、網目状静脈瘤である可能性が高いです。

広告募集中