聴神経腫瘍が癒着しやすい器官

  • 小脳
  • 脳幹
  • 顔面神経

聴神経腫瘍に見られる症状

聴神経腫瘍の患者さんによくみられる症状に、感覚性難聴があります。蝸牛神経は他の身体にある神経の中でも、繊細なといわれているので、例え腫瘍が小さくとも、難聴という症状がみられます。実際に難聴から聴神経腫瘍を発見された方の口コミを確認していきましょう。

聴神経腫瘍に関する口コミ

全く気付かなかった

これまで、難聴になったことがなく、耳も特に悪いと感じたことはありませんでした。ですが、健康診断をした時に、片方の耳だけ悪くなっていました。詳しくその原因を調査していくうちに、聴神経腫瘍であることが分かりました。全く気付かずに、健康診断で初めて気付きました。はっきりと感じる症状なので、全く気付きませんでした。

長年続いた耳鳴り

聴神経腫瘍と診断されるまで、数年間に渡り耳鳴りを感じていました。更年期障害と思い放っておいたので、耳鳴りを先生に相談して良かったです。ただの耳鳴りと放っておかずに、相談した方がいいです。症状の出かたから東京の先生が検査するか判断してくれます。

聴神経腫瘍の症状や治療方法について確認しよう

ハート

検査方法

現在聴神経腫瘍を発見するために行われているのは、MRI検査になります。MRI検査は、とても小さな腫瘍まで発見できるように進化しており、耳にある細かな腫瘍でも見逃さないでしょう。少しでも難聴や耳鳴りの症状が出てきたと感じたら、MRI検査をしてもらうといいでしょう。そうすることで、早期発見することができます。

治療方法

聴神経腫瘍は良性の腫瘍なので、発見したとしても経過観察となり、すぐに摘出しないということも珍しくありません。小さい時に摘出する場合は、ガンマナイフなどで治療を行う場合が多いでしょう。患者さんの年齢が低い場合は、小さい内に摘出することで、他の期間への癒着を防ぐことができます。なので、腫瘍が小さくても治療を行うことが多いです。

再び腫瘍ができることも

聴神経腫瘍は、一度取り除いたとしても、同じ場所に腫瘍ができることが多いです。なので、すぐ治療をせず経過観察するという選択を取ることもあるのです。せっかく取り除いたのに、数年後再び耳鳴りや聴力の低下が確認できる場合は、聴神経腫瘍がまたできてしまっている可能性が大きいと言えるでしょう。

悪性の腫瘍

良性の腫瘍がほとんどを占める聴神経腫瘍に比べて、直腸がんなどは、悪性であることが多いです。早期発見や手術で取り除くことのできる場所であればいいのですが、必ずしもそうとは限りません。もし治療をするのが難しい場所であれば、腫瘍を取り除くことができません。そこで、免疫療法という治療法が注目を集めています。悪性腫瘍に対する免疫を作るという治療法なので、気になった方は調べてみるといいでしょう。

[PR]
世田谷でリウマチを解消
安心して申し込みできる

[PR]
聴神経腫瘍の治療なら専門医院へ!

広告募集中